1月 11

【スリランカ】世界最大のブルーサファイア、売却希望価格は352億円

【1月9日 AFPスリランカコロンボ(Colombo)で8日、世界最大ブルーサファイアアダムの星(Star of Adam)」(1404.49カラット)が展示された。所有者はこのサファイアの売却を予定しており、売却希望価格は3億ドル(約352億円)だという。

1月 02

前橋にスリランカ領事館開設 友好の懸け橋に – 産経ニュース

前橋にスリランカ領事館開設 友好の懸け橋に ブログに書く 0 TweetPR スリランカと日本の友好の懸け橋となる「在群馬スリランカ民主社会主義共和国名誉領事館」が前橋市宮地町に正式に開設され、21日、式典が行われた。 同領事館は、ビザ発行や出生手続きなどの業務のほか、スリランカ人とのコミュニケーションも図るなど文化や交易、交流促進をする。名誉領事のレスリー・バーノンさんは約38年前から本県在住で、スリランカと日本の友好活動を行ってきたことが縁となって実現した。 バーノンさんは「在群馬のスリランカ人は3千から4千人ほど。中には言葉が分からない人もいるので、そうした人たちの手助けをしたい」と語った。

情報源: 前橋にスリランカ領事館開設 友好の懸け橋に – 産経ニュース

1月 02

教皇、スリランカ大統領とお会いに – バチカン放送局

教皇、スリランカ大統領とお会いに教皇フランシスコとスリランカのシリセナ大統領夫妻 – REUTERS14/12/2015 18:11共有する:教皇フランシスコは、12月14日、スリランカのマイトリパラ・シリセナ大統領とお会いになった。今年1月のスリランカ司牧訪問の際、教皇はコロンボでシリセナ大統領と会見されている。この日、バチカン宮殿で行われた教皇と同大統領の会談では、教皇がスリランカを訪れた際のことなどが話題となった。現在のスリランカにおける平和と和解のためのプロセスの進展が報告される中、安定した社会調和の推進が期待された。会談は、スリランカの社会の様々な分野におけるカトリック教会の貢献、諸宗教対話の重要性などにも言及。また、環境問題、特に先日パリで閉会したばかりの国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)の結果についても意見が交換された。

情報源: 教皇、スリランカ大統領とお会いに – バチカン放送局

古い記事へ «

reviews
Translate »