10月 11

ヘルス :ライフ :日本経済新聞

速く歩く人ほど長生き 自分に合ったウオーキング法を

暑さが和らぎ、体を動かしたくなる季節になった。手軽に始められるウオーキングは有酸素運動でメタボ対策にも役立つが、やみくもにあるくだけでは体への負担が増す。専門家に聞くと、アプローチは様々で正しい歩き…続き (10/11)

引用元: ヘルス :ライフ :日本経済新聞.

10月 11

山中教授の“右腕”高橋講師にロバートソン賞 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

山中教授の“右腕”高橋講師にロバートソン賞

米ニューヨーク幹細胞財団は10日、今年のノーベル医学生理学賞受賞が決まった京都大の山中伸弥教授(50)の“右腕”として知られる高橋和利講師(34)に、優れた業績を挙げた幹細胞分野の若手研究者に送るロバートソン賞を授与した。

高橋さんは山中教授の下で、2006年にマウスで、07年に人で人工多能性幹細胞(iPS細胞)づくりに成功した。同財団は「幹細胞研究に全く新たな領域を切り開いた」と称賛。その後も臨床応用を見据えて効率的なiPS細胞の作製方法や品質評価などの研究を進めていると評価した。

同賞は今年が2回目で日本人の受賞は初めて。高橋さんには賞金20万ドル(約1560万円)が贈られる。(共同)

引用元: 山中教授の“右腕”高橋講師にロバートソン賞 ― スポニチ Sponichi Annex 社会.

10月 11

科学 – MSN産経ニュース

「iPS細胞研究が大きく進展したのが受賞要因」 山中教授、シンポで

10.11 11:07

ノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった京都大教授の山中伸弥さん(50)が10日、京都大芝蘭会館(京都市左京区)で開かれたシンポジウムに登壇し「みなさんのご尽力、ご協力の成果による予想外の受賞。心より感謝申し上げます」と述べた。山中さんが記者会見以外の公の場で発言するのは、受賞決定後初めて。

引用元: 科学 – MSN産経ニュース.

reviews
Translate »