カサカサ(バジリコの種)のお話

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

『バジルシードでお腹を一杯にするダイエット』
私たちが満腹を感じる量は実はカロリーオーバーですので太ってしまいます。そのため、1日に消費する必要なカロリー量で我慢すると、
満腹感を味わえない人が多いのが現状です。
だからこそ、満腹を前提としたダイエットは成功しやすいです。

バジルシードとはタイ原産のシソ科オシマム・カヌムの種子です。オシマムは全草に芳香があり、夏に白い小花をつける一年草です。
イタリア料理に乗っているバジルの種といったほうがわかりやすいかもしれません。
水分の少ない環境で育ったバジルシードは、貴重な水分を大量に
保持する能力と、水分を有効に吸収する豊富な食物繊維を持っています。バジルシードは飲み物や料理、デザートなどにも振りかけ
たり、混ぜたり、そのまま食べることもできます。
おすすめの食べ方は毎日続けるならヨーグルトに混ぜて食べるのが
良いでしょう。フルーツゼリーと一緒に食べるのもおいしく食べられます。東南アジアで一般的食べられているバジルシードをココナッツジュースと混ぜると、タピオカみたいでおいしいです。
一緒に食べることで満腹感を与えることから、今まで食欲を抑えることができなかったダイエット経験者に最適です。

バジリコ
バジリコ(伊:Basilico、学名:Ocimum basilicum)は、シソ科メボウキ属の一年草(本来は多年草だが日本では
越冬できないので一年草として扱われる)。
シソ科であることから風味もシソに若干似る。
バジリコ毎日続けるならヨーグルトに混ぜて食べるのが良いでしょう。
フルーツゼリーと一緒に食べるのもおいしく食べられます。
東南アジアで一般的食べられているバジルシードをココナッツジュースと混ぜると、タピオカみたいでおいしいです。
一緒に食べることで満腹感を与えることから、今まで食欲を抑えることができなかったダイエット経験者に最適です。

和名はメボウキ。英名のバジル(Basil)の名でも知られる。
インド、熱帯アジア原産のハーブである。
Basilicoの名は
ラテン語 basilicumから来ており、さらにさかのぼると「王」を意味するギリシャ語の βασιλευς (バジレウス)に由来する。

「バジル」と呼ばれるハーブには、Ocimum basilicum以外の種に由来するものもふくめ、およそ150 種類の
栽培品種が
ある。
イタリア料理に多く使われる品種は「バジリコ」、「バジル」あるいは「スイートバジル  (Sweet basil)」の名で
知られている。ジェノベーゼバジル(Genovese basil)もイタリア料理に使われる。
ほかにレモンバジル(Lemon basil)、
ホーリーバジル(Holy basil)、シナモンバジル(Sinnnamon basil)、
タイバジル(Thai basil)、マンモスバジル(Mammoth basil)、タイレモンバジル(Thai Lemon basil)、

ライムバジル(Lime basil)、リコリスバジル(Licorice basil)、アフリカンブルーバジル(African Blue basil)などの
品種がある。
日本においては、有名メーカー製の家庭用乾燥ハーブが「バジル」と称される一方で、産地及び料理から
イタリア語の呼称、バジリコが使われることもある

reviews
Translate »