TFG設立の目的

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

設立の目的
スリランカでは、4人のうち3人もが中等教育を受けているにもかかわらず、彼らが特定の技術を持たないため、
自立できないでいるのが現状です。TFGとしては、そのような若者に直接役にたつ技術、
即ち「職業訓練」を受けられる機会を提供しています。
この活動を通して日本スリランカ両国の相互の理解・友好親善を深めるのももう一つの目的です。

TFG組織
設立年月日 : 1993年11月3日    NPO法人成立は2004年8月16日
理  事  長: Dr.アーナンダ・クマーラ(名城大学教授)
事  務  局: 三重県鈴鹿市神戸6丁目1番27  花井 健太郎
本      部: 名城大学内 アーナンダ・クマーラ研究室
連絡事務所 : 三重県・愛知県
会  員  数: 正会員 30名 賛助会員 20名
機  関  誌: TFG NEWS、スタディーツアーレポート
会      員: 正 会 員: 3,000円 学生会員:1,500円 団体会員:10,000円 賛助会員:会費規定なし

※ 参加申込書に記入の上、会費をTFGに支払う。

TFGの活動について
TFGの支援活動は発展途上国の一つであるスリランカ民主社会主義共和国(スリランカ)を対象としています。
主にスリランカの北西州を対象としており、現在までに100以上の低開発村を支援してきました。

活動の特徴

(1) 日本側から一方的にアイディアを押しつけるのではなく現地の意見を尊重した「パートナーシップ型」で行う。
(2) 職業訓練コースへの参加研修生の大半は経済的に貧しいが、それよりも基礎教育をある程度受けている

彼(彼女)らが持つ能力をより活かすことに焦点を当てていること。
研修生は、各村から選ばれた人達です。研修終了後 村に帰り自立の糧にする事と村人に研修で習ったことを
惜しまず村人に教え互いに切磋琢磨して自立をしています。
このため、TFGの研修生、職業訓練校を含む北西州政府の職員も皆生き生きとしています。

TFGと一緒の仲間になって、多くの団体とのその違いを直接味わって下さい。

国際協力NGOセンター(TFG詳細記載)

国際協力NGOセンターのHome PageにはTaranga Friendship Groupの詳細が 記載されています。是非ご覧ください。 http://www.janic.org/directory/director …

View page »

reviews
Translate »